育毛剤を使い頭皮を洗いすぎないこと

将来的に薄毛になってしまう人の生活スタイルが分かってきています。

その大きな特徴は、きれい好きな生活習慣が挙げられるのです。

これは、頭皮環境に皮脂が大量に残って薄毛の要因となる人の逆の考え方となるのですが、これにはある理由があります。

早朝にシャンプーをして仕事や学校などに出る人の場合、帰宅してからも必ずシャンプーをします。

つまり1日に2会場のシャンプーをするのですが、このようにシャンプーの頻度が高くなってくると、皮脂の脂分を除去する頻度が高まってくるので、肌が刺激されてしまい脂の分泌量が高くなってしまいます。

つまり、私たちの肌には、ある程度の脂分があって、それが脂やホコリなどをから体を守っているコーティングの役割があります。

これを何度も洗浄するようになると、肌が過敏に反応するようになって脂分の分泌量が増加します。

これが薄毛対策にはマイナスとなるのです。

特にスカルプケアシャンプーのような頭皮の事を考えられたシャンプーの場合、皮脂をある程度残した状態で洗浄出来るのです。

つまり刺激を与えないようにするタイプとなります。

このようなスカルプケアタイプのシャンプーを使いながら、育毛剤を使っていけば育毛剤の効能を最大限に発揮することが出来るのです。

育毛剤の有効な使用方法

本気で育毛を考えているのなら、育毛剤を欠かすことはできません。

しかし育毛剤だけに頼ってしまうのもどうかと思います。

そこで、ぜひとも取り入れたいのが、頭皮マッサージです。

実は私自身、育毛剤を初めて使うようになった頃は、ただただ育毛剤を頭に塗るという、何とももったいない使い方をしていたものです。

入浴後にドライヤーで頭を乾かし、そのあとに育毛剤を塗っていたのですが、ササッと塗ってもう終わり。

頭からタラタラと首筋に育毛剤が垂れてくることもなんのその。

最初にこんな使い方をしてしまったものですから、それが当たり前となってしまっていました。

ですが、そんな使い方で、効果的に育毛が図られるわけもありません。

それに気づかされたのは、たまたま見ていたテレビ番組でした。

入浴後の体がほぐれた状態で、頭皮をマッサージしてやり、育毛剤が効果的に浸透する地ならしをしてやります。

そこへ育毛剤を投入し、さらにまんべんなくマッサージをしながら伸ばします。

その日から、早速使用方法をマッサージ式に切り替えました。

やはり、マッサージの効果は抜群です。

まず、髪質が劇的に改善されました。

黒々とした太くて力強い髪の毛へと変化し、ボリュームが驚くほどアップしたのです。

抜け毛も減少しましたし、育毛にマッサージは必須のケアだと感じました。